学校検診の看護師の主な業務は??

学校検診の看護師の主な業務は??

検診の仕事には、学校検診という小学校、中学校、高校、養護学校をまわる仕事があります(^ ^)

学校検診では、心電図、採血、貧血検査を行っています。

検査のメンバーは、看護師と検査技師で、仕事内容は、看護師も検査技師も同じですよ(^o^)

心電図は、異常波形を読めなくても、筋電図にならなければ大丈夫です(^ー゜)

しかし、学生の心電図はなかなか苦労します( ;´Д`)

小学一年生の子供たちは、白衣を着た人を見るだけで泣き出す子供もいます;^_^A

心電図が痛みのない検査だと分からずに、痛いことをされると思い、大泣きしてしまいます。

中高生は、ちょっと触られただけでもくすぐったくて笑いだしてしまいます(・_・;

だから、なかなか筋電図の入らない心電図の波形がとれません(;´Д`A

いかに子供たちにリラックスしてもらいながら、動かずに心電図を取るか、大人の心電図を取るよりも難儀しますね。

また、採血は必ず正中からの採血となります。

子供の採血の場合、神経に傷をつけてしまわないように、他の部位からの採血は禁止されているのです(´・Д・)」

貧血検査は、特殊な採血方法で、耳たぶを切って血をだし、細いガラス管で吸い上げ採血します。

これがなかなか難しく、事前に研修でうまく出来るまで練習することが出来ます。

素早くやらないと血液が凝固してしまいますし、吸い上げる量も一定量となっているため、難儀しますが、慣れてしまえば普通の採血よりも簡単ですよ(^ー゜)

これらの事を、検査技師と一緒に行うことになります。

どの検査の場合も、不安や緊張から倒れてしまう子供もいるため、常に周りに気を配り、体調の悪そうな子供がいたら早急に対応しなければなりません。

学校検診は、他の検診に比べ一日の仕事時間が短く、ママさんナースが多いですね(^ー゜)

2014年4月 4日|