個人病院の夜勤専従は一般病院に比べて働きやすいですねp(^_^)q

個人病院の夜勤専従は一般病院に比べて働きやすいですねp(^_^)q

pixta_2321254_S.jpg
私は、今までにいろいろな職場で働いてきたんですが、探していたのが個人病院の夜勤の仕事なんです。

おそらくほとんどの方は、夜勤の仕事がある病院というのは、一般病院だと思っていますよね。

でも、個人病院でも入院している患者さんがいるところでは、夜勤の看護師が必要なんです。

ただ、そのような職場は少なくて、求人があったとしても人気があるのですぐに決まってしまうんです。

私は、個人病院の夜勤専従の仕事をやっと見つけたんですよね。

それはもう嬉しくて、すぐに求人に飛びついたんですよ。(^0^)

働いている個人病院は、看護師が1人の夜勤です。

看護師が1人というとすごく大変だというイメージがありますよね。

でも、そんな事は全くないんです。

個人病院に入院している患者さんは、重症な患者さんはいないんです。

個人病院というのは、医療設備が限られてしまうので、症状が重くなると一般病院に転送されるんです。

だから、急変が起きる事も少なくて、精神的にとても楽なんですよね。

それに、もし緊急事態になったとしても、ドクターに連絡すればすぐに駆けつけてくれます。

個人病院なので、夜間に急に呼び出しても、イヤな顔をされる事がないんですよね。(^_--)

だから、看護師が1人でも安心して仕事ができるし、他のスタッフがいないから、
人間関係などの余計なストレスを気にする事がないんです。

一般病院に比べると、給料は多少安い傾向があるんですけど、働きやすいので全く不満はありませんよね。

看護師の職場って、人間関係のトラブルが多いですよね。

それって業務が大変な事よりもストレスが溜まると思いませんか?

個人病院の夜勤専従は、求人は少ないんですけど、看護師求人サイトを利用すれば、見つかるかもしれませんね。

2015年5月11日|